トピックス一覧

大山准教授、日本機械学会設計工学・システム部門業績賞を受賞

本専攻の大山聖准教授(本務=宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)が、2018年度の設計工学・システム部門業績賞を 受賞し、2018年11月5日(月)に沖縄県読谷村で開催された、日本機械学会第28回設計工学・システム部門シンポジウムにて表彰式が行われました。

 

同賞は、設計工学・システム分野で顕著な研究、または技術開発の業績をあげた個人または団体に対してに贈られるもので、設計最適化手法や設計探査手法の研究開発と、航空宇宙工学分野における応用研究を軸として、世界に先駆けた研究業績が高く評価されました。

no image

受賞した大山准教授(中央左)

2018/11/13

PAGE UP