トピックス一覧

鈴木真二教授、国際航空科学連盟(ICAS)会長に選出

2018年9月9日(日)〜14日(金)にブラジル、ベロ・オリゾンテ市で開催された国際航空科学連盟(ICAS : International Council of the Aeronautical Sciences)総会において、本専攻の鈴木真二教授が、2019・2020年のICAS会長に選出されました。

 

ICASは、28か国の航空関係学会、36の協賛団体からなる国際航空学術団体です。航空分野の学術発展と国際連携推進を目的として、1957年にフォン・カルマン博士の提案によりオランダを本部として設立され、1958年開催のマドリッド大会から隔年で大会を開催しています。

アジアからの会長選出は鈴木教授が最初となります。

(TBD)

(TBD)

2018/09/21

PAGE UP