トピックス一覧

『東京大学総長賞』に航空宇宙工学専攻からトリプル受賞

本年度(2014年度)の「東京大学総長賞」に、航空宇宙工学科・専攻から「総長大賞」一件を含む計三件が選定され、2015年3月23日(月)に授与式が行われました。

 

【総長大賞】: 社会活動・国際交流

_____途上国における理科教育、工学教育による人材育成と

_____現地の製造業を振興する活動

_____青木 翔平 君 (本専攻博士課程3年・堀研究室)

 

【総長賞】: 学業

_____博士論文「ネットワーク上における密度依存輸送の理論」、

_____及びその他で示された業績

_____江崎 貴裕 君 (本専攻博士課程2年・西成・柳澤研究室)

 

【総長賞】: 課外活動

_____世界初・世界最小の超小型深宇宙探査機の開発・打ち上げ成功

_____超小型深宇宙探査機PROCYON プロジェクトチーム

 

本賞は、学業、課外活動、社会活動、国際交流等の各分野において顕著な功績のあった学生個人または学生団体に対し、総長が表彰を行うもので、各方面からの推薦に基づき、「東京大学学生委員会学生表彰選考会議」、推薦基準に基づいてその内容を審査のうえ決定されます。

 

【関連記事】

2014年度総長賞選考結果 (東京大学WEBページ)


総長賞の副賞

(東京大学WEBページより転載)

授与式での濱田総長

 

【総長大賞】: 社会活動・国際交流 / 青木 翔平 君

青木君が取り組む "途上国における理科教育、工学教育による人材育成と現地の製造業を振興する活動" に関する活動は、社会活動・国際交流の選考区分で特に顕著な功績と認められました。

 

- 概要 -

青木君は、発展途上国においてはさまざまな制約が存在する故に、かえって先進国とは異なる創造的な設計が行われる場合があることに着目し、それを促進する設計支援システムを提案しました。

「宇宙からは国境線は見えなかった(毛利衛・宇宙飛行士)」という言葉に感銘を受け、世界各国へバックパック旅行を重ねる中で、紛争・貧困など途上国が抱える課題とその解決へ向けた国際協力に対する関心を深めたとのことです。その後、バングラデシュやガーナを複数回訪れ、工業高校の学生を対象に、工学系技術の支援等の活動を実践。その中で得られた発見・経験をもとに、ビジネスプランを提案しています。自身の実践例を踏まえた議論を学会等を通じて発信している点も高く評価されました。


授与式に出席した青木君

ガーナの青木君(左から4人目)

 

【総長賞】: 学業 / 江崎 貴裕 君

江崎君が取り組む "ネットワーク上における密度依存輸送の理論" に関する研究は、学業の選考区分で顕著な功績と認められました。

 

- 概要 -

人の移動、車の交通や物流といった社会における「ながれ」は、渋滞発生をはじめとして、複雑な振舞いを示します。しかし、それらの基礎的な知見を現実のシステムに応用するためには、未だ大きなギャップが存在しています。この課題に対し江崎君は、既知の渋滞特性を所与のものとして、それらをネットワーク状に繋いだマクロな数理モデルによる枠組みを提案しました。これにより既知の渋滞現象とは質の異なる「ネットワークレベルでのマクロな渋滞」が発生することに加え、単純な制御によりそれを緩和できることを示しました。

これらの成果は実際の空港ネットワークや道路ネットワークにおける交通量制御の基礎理論として高い評価を受けました。


授与式に出席した江崎君

研究成果の一部

 

【総長賞】: 課外活動 / PROCYON プロジェクトチーム

超小型深宇宙探査機PROCYON プロジェクトチームが取り組む "世界初・世界最小の超小型深宇宙探査機の開発・打ち上げ成功" に関する活動は、課外活動の選考区分で顕著な功績と認められました。

 

- 概要 -

本専攻 船瀬龍 准教授 らの指導の下、院生と学生らで構成されたプロジェクトチームが開発に取り組んだ超小型深宇宙探査機 "PROCYON(プロキオン)" は、平成26年12月3日(水)にH-IIAロケット26号機の相乗り小型副ペイロードとして打ち上げられました。探査機は、所定の惑星間軌道に投入されていることを確認され、初期運用が開始されています。

同探査機のミッションは、地球から遠く離れた深宇宙において、電源・通信・航法・姿勢制御など、探査機が備えるべき各種技術が超小型機体でも機能することを確認することです。今後は深宇宙探査に有効な様々な技術を実証行うとともに、各種の科学観測を実施予定です。

【関連記事】

"PROCYON"実況 (facebook)

"PROCYON"概要 (JAXA)

"PROCYON"の紹介記事 (マイナビニュース)


授与式に出席したチーム代表

no image

地球圏宇宙を離脱するPROCYON(CG)

 

2015/03/10

(改)2015/03/24

(改)2015/04/04

PAGE UP